うらぶろ

目に見えない世界のことをつぶやき

発達障害の改善手法メモ

『人間脳を育てる -動きの発達&原始反射の成長』(灰谷 孝)より <重要>●筋肉には大→小(例:眼球筋)発達順序性があるので、大きな筋肉を発達させないと小さな筋肉の発達がむずかしい p21 ●発達の土台<発達のピラミッド>呼吸、感覚、動き(姿勢)、言…

村上春樹の「うなぎ」とガイド

精神世界でよく「ガイド」ってでてくるじゃあないですか。天使でも神様でも狐でも守護霊でも龍でもなんでもいいんですが、そういう自分の脳内で話ができる別人格というか別側面。 それって、村上春樹のいう「うなぎ」と一緒だよなーとふと思ったんですよね。…

本が読めない(ディスレクシア)時はフォントを考えてみよう

togetter.com 「書体を変えたら本を読めるようになった」は、実は本が読めない子にはよくある話。本が読めない、教科書が読めないという人は書体や行間、ページの文字数(空白度合いなど)によっては読める。 あと、実は色つきの眼鏡(度数なし)をつけると…

感情は麻薬。ポジティブもネガティブも。

ある感情にどっぷりと浸り、それに振り回されるというのはある意味心地よい。 それは、刺激的な映画やドラマのストーリー世界に入り込んで、喜怒哀楽の感情に共感しジェットコースターのように上がり下がりを楽しむのと同じようなもの。 自分の行為や行動を…

人を操るのは簡単

人を操るのは簡単で、その人たちの“外”に正解がある、とすり込めばよい。 正解は、常に自分の中にあるものなんだけどね。そして、その正解はその人にとってのものだから、他人に押しつけてはいけない。 指紋のように、人はすべて違う。ルーツ、由来、DNA、ミ…

思考とは。

さいきん思考とはなんだろう、と思う。 自分の心の動きを観察していたら、思考と信じていたものは ・過去への後悔や罪悪感・未来への不安や恐れ にたいする反応なだけだった。 本当の思考、は多分こんなものではないのだろう。 重い感情、否定的な感情に起因…

期待する、ということの意味

ホ・オポノポノのクリーニングをやっていて気づくようになったのは、私は普段かなりの割合で「見返り」を期待する心の動きがあったこと。これをやったら何かいいことあるかも、あるに違いないというような微かな期待の心。 で、こういう「期待」の心って、自…

今更ながらのホ・オポノポノ。自分の心の囚われ具合に気づく。

こんな本を読みました。 ホ・オポノポノの「クリーニング」という手法について、かなり実践的に細かく書いている本です。ここ数日はまってやっていました。で、わかったのが、この手法を使うと物事をありのまま認識できるということ。 人間って、結構物事を…

整体師なんだけど裏がある営業品目的なおはなし

いちおう表の肩書としては「整体師」をやってますが、ここ3年くらい精神とか心理とかから始まり、自己啓発とか精神世界とかスピリチュアルとか目に見えない世界のことを探求するようになりました。 で、気づいたら、いわゆるスピリチュアルというかヒーリン…

瞑想とはなにか。そしてその効能効用

瞑想とはなにか、と言われると正直わたしにはよくわからない。 私にとって瞑想の効能で確実なことは、自分にあった適切な瞑想というのは、硬直した思考回路を解体し、適切な思考力や直感や肉体の疲労除去に貢献してくれるツールのようなものだということ。 …

2019年春分と西洋占星術と愛について。トラウマを溶かす。

昨日は春分。で、ホロスコープの世界では太陽が牡羊座のスタート地点にまいもどる日。昨日から新しい幕開け。 で、とあるサイトを見て気付いたのが、太陽と「キロン」がおなじ位置にいる。キロンはトラウマを表す。で、太陽と同じ位置にあるというのは人生の…

感情というエネルギーの取り扱いについて

「感情」の取扱についてなんやかんや考えている。 感情というものには大まかに二種類あってネガティブ=悪い、ポジティブ=良い、と捉えられている。 だが、いくらポジティブであっても、感情に飲み込まれて振り回されていると自分を客観視できず、本来の生…